ブログトップ | ログイン

one day roll

naoroll.exblog.jp

館林のお店いろいろ、その2

「タージマハル」さん
昔、「ピザ屋のマリー」だったお店です。よく行ったなぁ~

んで、タージマハルさん

b0197963_13593234.jpg
これは子どものセットです。
甘口のチキンカレーとごはん、サラダにでっかいナン!
そして謎のデザートがつきます。あまいヨーグルトの味。

b0197963_14003678.jpg
私はベジカレー三種類がつくセットにしました。
豆とか、ほうれん草のカレー。辛さもえらべます。

これに

b0197963_14013541.jpg
ナンがどーーーん!
でっかい!

b0197963_14020093.jpg
「ナンおかわり自由」だったと思うのですが
これをおかわりできる気がしません。(敗北感)

食べきれなくてお土産にしたかったら、アルミホイルに包んでくれます。

b0197963_14033539.jpg
カレーはどれもおいしい!
本当は私は日本のカレーのほうが好きですが
たまにはいいなー!と思います。

他の一品メニューなんかも食べてみたいけど、
食べきれないなー。


---

館林駅前通りにできた ヴィーガン料理のお店
「マハロハ」さん

b0197963_14055767.jpg
駐車場は道路をわたった向かい側です。

100%ヴィーガン、つまりすべて植物性の素材でできています。

b0197963_14082462.jpg
タコライスをいただきました!

お肉のようで、おにくじゃなーい。
でも、言われなければわからないかも。

私は難しいことはわからないですが
玄米の炊き具合とか、塩加減とか、好みのあんばいでおいしかったです!

b0197963_14102764.jpg
食後に玄米コーヒーと

b0197963_14105072.jpg
かぼちゃのタルトをいただきました。

b0197963_14111470.jpg
素朴なお味でおいしかった~
また行ってみたいです。次はソイプレートを食べてみたいな。

vegetable Cafe Mahaloha
---


タイ料理のお店、「シャム」さん

b0197963_14135104.jpg
市役所への交差点、丸亀製麺の向かい側、と言ったらわかりやすいかな。
ちょっと駐車場が停めづらいので、南面駐車場に停めました。

私はタイカレーのランチセット。
b0197963_14154131.jpg
具がごろごろ!
パクチーが乗ってました。
パクチーはマシマシもできるらしいよ。

辛口ですよ~と言われたけど、大丈夫でした。

b0197963_14164476.jpg
ここをオヌヌメしてくださったSさんは、パッタイのセット。
味見させてもらいましたが、おいしかった。

b0197963_14175648.jpg
ドレッシングももちろんタイ風。(和風だったら面白かったな。笑)

b0197963_14184511.jpg
調味料つかわなかったなぁ。

b0197963_14191394.jpg
ボリュームあっておなかいっぱいになりました~

b0197963_14193622.jpg
謎のタピオカデザートは残してしまった…私としたことが。

b0197963_14203778.jpg
お店の方が感じがよくていいお店でした。
こういう異国感のつよいお店は私は入るのに勇気がいるので、
教えてもらってうれしかったです!
行ってみたいな~と思っててもなかなか行けないのよね。

ここまで行ったら丸亀製麺で天丼食べちゃうもんね。


最近はあまりお友だちとランチに行ったりはしていないのですが
調子でてきたら一緒にいこうねーー!(みんなに言ってる)

みんな。

そこのみんなだよ!


----

2月1日(水)と2月11日(土)は
「花屋の二階」さんで onedayrollおかしの入ったバッグの販売です!
花屋の二階さんに行って、館林でランチしよう~!

花屋の二階






# by naoroll | 2017-01-31 14:27 | 館林 | Comments(0)

「ザックサック」と「とってもバッグ」に入れるおかし。

2月1日(水)、そして 2月11日(土)に
館林「花屋の二階」さんでバレンタイン企画として にじいろみしんさんのバッグが販売されます。
そこに、onedayrollのおかしが入っちゃう!

んもう、ねじ込んじゃう!!

b0197963_13265446.jpg

にじいろみしんさんが、にじいろパソコンを駆使してブログを更新してくれました。
バッグの詳細が!!


バッグの柄がちらりと見られます。
チラリズムがそそりますね。 (どんな感想だ)


デザインが楽しい二種類のバッグ、みなさんに手に取っていただけますように。

そして手に取ってくださったみなさんが、楽しい気持ちになっていただけますように!と気持ちを込めておかしを詰めます!


さーて、おかしのラインナップは

for「ザックサック」

ざっくりしたクッキー
きび砂糖のスマイルクッキー
全粒粉とメープルナッツのビスケット

for「とってもバッグ」

ラムとフルーツのケーキ
チョコ&カルーア
コーンミールカップケーキ

の、三本、です!








b0197963_13373423.jpg





あ、すいません 三種類です。(つい・・)


ヨウセイ社さんが 作ってくださるおかしの説明書つき!
これもとても楽しいにぎやかしに仕上がってるはず。(圧)


柄もぜんぶ違うという「ザックサック」&「とってもバッグ」
じっくり選んで、ぜひお気に入りを見つけてくださいねー!

ざっくりしたおかしも、しっとりしたおかしも
たっぷりのお茶と、ゆっくり楽しんでいただけますように。











んがぐぐ。 (え!)



----


花屋の二階 ブログ
花屋の二階 インスタ




# by naoroll | 2017-01-26 13:58 | お知らせ | Comments(0)

水曜日の、SundayBakeShop

去年のクリスマス前頃のはなし。
姉妹で一年の締めくくりに、行きたかったのは

b0197963_10584174.jpg
やっぱり、このおみせ。
サンデーベイクショップ!

b0197963_11011624.jpg
久しぶりに、水曜日に行くことができました。
クリスマス前だったので、クッキーの飾りがかわいかったな。

水曜日の朝ごはんを食べに行こう!と早く出たのですが
首都高が混んでいてお昼近くになってしまった。

b0197963_11021448.jpg
朝ごはんのスコーン。
これにジャムやバターを好きなだけつけていただけるんです。

b0197963_11041290.jpg
おいしそう~

そして水曜といえばキッシュ!
この日はさといもの入ったキッシュだったかな。

b0197963_11045887.jpg
サンデーベイクショップのキッシュ、アパレイユの塩気に対して、
パイ生地がほんのり甘く感じる、そこがたまりません。
粉の感じといい具材の使い方といい、もう完璧すぎる‥大好きです。

b0197963_11070188.jpg
おかしはココナッツドリームケーキと

b0197963_11073189.jpg
ジンジャー&ホワイト。

b0197963_11082586.jpg
そして水曜日のカフェラテ。
これが飲みたかったー!
もう幸せでした。

b0197963_11092197.jpg
ふたりで半分こしながらいただきました。
こんなにわくわくするおかしやさん、他にないです。

b0197963_11115346.jpg
ジャージーバターの色にうっとり。
なんて美味しいん!

b0197963_11123876.jpg
元気なときも、
元気がないときも

あーーー行ってよかった!って思えてしまう不思議なおみせ。

ことしもよろしくお願いします。

b0197963_11150526.jpg
この数日後、我が家にワンコが来ました。
名前は、サンくん。笑

---
SundayBakeShop



# by naoroll | 2017-01-25 11:18 | 東京 | Comments(4)

館林のお店いろいろ、その1

タイミングを逃してupできなかった写真など。

b0197963_11154822.jpg
一年以上前… (汗

「シーフードレストラン ツカサ」さんでランチしたとき
長ネギのキッシュだったと思います。

b0197963_11180636.jpg
細かいねぎがたっぷり!そしてアパレイユがとろりとしてとてもおいしかったんです。
b0197963_11191730.jpg
はじっこはこんなふうよ。
これが前菜で

b0197963_11200535.jpg
M子先生かMちんが食べてた前菜はこんなで

b0197963_11203971.jpg
私のメインは鶏のフリカッセ。
フリカッセってこんなに身がほろほろとやわらかいんだ!と感動でした。
そういやシーフード食べなかったな。

b0197963_11214427.jpg
玄米があるってとてもうれしいです。

b0197963_11222319.jpg
私のデザートはティラミスでしたが、これは確か好みとは少しちがっていて。

b0197963_11225904.jpg
友人のチョイスしたいちじくのショートケーキに心奪われました。
なんて美味しそうなの。

b0197963_11251535.jpg
食材にこだわりがあるレストラン。
私の母が、いろんなところにランチに行くけど、ツカサさんがとても好き、と話していて、
なんとなくその理由がわかりました。


---


さてケーキつながりで

b0197963_11262551.jpg
オットが買ってきてくれるケーキ屋さんと言えば
「プレゼント・シュクール」

ほんとにたまにですが、オットのなかで何かがある日に買ってきてくれます。
ある意味毎回サプライズ。。

b0197963_11272627.jpg
買ってきてくれるのでケーキの名前がわかりませんが、黒豆の乗ったかぼちゃのモンブラン的な。
中にもかぼちゃ!おいしかった。

b0197963_11291898.jpg
ケーキって、一度に食べきれないときは必ずタッパーに移します。
あの、密封できない紙のケーキの箱は、持ち運びにはよくても、保存には向いてないと思う。
乾燥したり、冷蔵庫のにおいがケーキに移るのがいやです。

私はケーキを愛しているのだ。


---

うちは家族では、夜はほとんど外食をしません。
夜は家でのんびりと、が基本です。

しかし夜といえば


b0197963_11313744.jpg
安定のいっちょう。笑

可もなく不可もなくいっちょう。いっちょうが好きだ。
いっちょうにいるみんなが好きだ!笑

b0197963_11333136.jpg
パイナップルをぎゅうぎゅうと絞ってつくるサワーが人気です。(私たちのなかで)

この日はあてがわれたパインによって、熟し具合がぜんぜん違い、
絞りやすいものと 固くて絞るのに力がいるものとあり、
それだけでママさんたち大盛り上がり。
ここではなにが起こっても、無駄に大盛り上がり。

この違いを写真に撮っといてくれ!的なことを言われて撮影した気がしますが
撮ったところでなんのことやらさっぱりわからない。

写真を見たらこの時みんな半袖着てます。(夏)

あーみんなとお喋りがしたい!
そろそろいっちょりましょう。(そんな言葉ないか)


---

館林編、つづく

花屋の二階さんでのバレンタイン企画(おかし入りバッグ販売)
2月1日(水)と11日(土)です!




# by naoroll | 2017-01-24 11:46 | 館林 | Comments(0)

東京スカイツリー、そして漫画雑誌「りぼん」


スカイツリーのてっぺんで、涙することになるとは。


b0197963_11142879.jpg

週末は、イモウトと姪っ子、私と私の娘の四人(女子チーム)で、東京スカイツリーへ行ってきました。
私は初めて行ったのですが、お天気がよくて見晴らしがよかった。富士山もきれいに見えました。

b0197963_11242310.jpg
スカイツリー形の影がくっきり。
上から見ると、さっきまで自分たちがいた地上がまるでおもちゃの世界。
高所が苦手なのでどうかなと思ったけど、なんだかあまり現実とは思えないような感じで、大丈夫でした。

さて、スカイツリーに行こう!と(イモウトが)企画したきっかけはというと、、


b0197963_11271041.jpg
じゃじゃん!
これね、スカイツリーのエレベーターの壁です!
1991年から1994年まで集英社の雑誌「りぼん」で連載されていた名作少女漫画「天使なんかじゃない」@矢沢あい。
分かる人には、わかる・・・

b0197963_11383563.jpg
そして、わかるひととハイタッチしたい!笑
地上445mの天望回廊へ続くエレベーターの中が、りぼんの名場面でいっぱいになっているのです。(この時点ですでにテンションあがりまくった。笑)

b0197963_11393418.jpg
「りぼん」は今年で創刊60周年なんだそう。

それを記念して、450mへ向かうスカイツリーの展望回廊内で『250万乙女のときめき回廊at TOKYO SKYTREE®』というイベントが開催されています。

私とイモウトが、小学校のころ夢中だった「りぼん」
そして今、「りぼん」を手に取るようになった娘と姪。
これは、行くしかないでしょ~!と。

b0197963_11490146.jpg
これがもう、懐かしすぎて大感動の嵐、でした。
分かる人たち!見てくださいよ、このパネル!

b0197963_11501081.jpg
こどものおもちゃ、ママレード・ボーイ、姫ちゃんのりぼん、赤ずきんチャチャ、、、これは20年前のりぼんの表紙です。

b0197963_11540630.jpg
いざ450mへ‥ と歩いていく展望回廊、
b0197963_11544187.jpg
私たちは、こんな眺めはともかく (!!)

b0197963_11551808.jpg
こっち側に夢中だった!笑
奥なんて、松浦遊ですよ、奥さん!!(同志よ!)

b0197963_11574576.jpg
マーブルチョコの味ぃぃぃぃ!!@晃
雨の中捨て犬を抱き上げる名シーンも。笑
「このふたり結局くっつかないんだよねえ??」
「マミリンはカッコいい人とくっついたよね?」
などとお喋りがとまらない私たち。

昔のことはよく覚えてるってやつはこれですか?(婆)

b0197963_12010159.jpg
吉住渉も、よく読んだなー。
柊あおいも、好きだったなー。星の瞳のシルエット。
ときめきトゥナイトは、らんぜの時と、りんぜの時と、どっちが好きだった?

b0197963_12034424.jpg
真壁俊にくっつくイモウト(奥)。笑

ずーっと思い出しもしなかった。
思い出すきっかけもなかったんだ。
なのに、記憶の糸を引っ張ると、ちゃんと全部つながっていて。

b0197963_12055942.jpg
(創刊からのりぼんの表紙が一面に!)

「あー、これなんだっけ?」
「ねこねこファンタジア」
「あーーーー!!爆笑」

b0197963_12401926.jpg
毎月待ち遠しかった少女漫画雑誌。
私が「りぼん」を先に買うと、イモウトが「なかよし」を買ってきて。
ふたりで交互に夢中で紙をめくったっけ。

空色のメロディ、ハンサムな彼女、マリンブルーの風に抱かれて、グッドモーニングコール、お父さんは心配性…ちびまる子ちゃん!

それがどんな話だったか、どれがお気に入りだったか、
あの分厚い雑誌の中身につまっていたわくわくとドキドキ!

そして、決してそれだけじゃない、記憶の不思議。

頭のなかのページ、ずっとめくってなかった、そのページを開くように。
思い出される。そこにあるのは、

りぼんを読んでる、自分のすがた。
b0197963_12073775.jpg


ランドセルをほっぽりなげて
実家のあのテレビの部屋の、

畳のうえ、座椅子にごろりと寝転んでページをめくる、小学生のわたし。

りぼんの、紙のにおいまで、鼻先をかすめるような。

居間の出窓に、りぼんと、付録を積み上げておくと、お母さんに「片付けなさい!」と叱られた、あの感じ。

イモウトと取り合ってけんかした、読みかけのりぼん。

あのころの風景が、なんだか目に見えるよう!
それはまるで

高い高いところから、幼かった自分を見おろすように。

b0197963_12092951.jpg
ねぇ さとちゃん。
あのころの私たちに教えてあげたい。

いつか お互いの娘と一緒に、この表紙を眺めるときが来るんだよって。

b0197963_12501052.jpg
この付録持ってたーーー!!


今は少女漫画雑誌の付録と言ったらポーチやらペンケースが主流のようですが
私たちの「あのころ」はねぇ、
なにやら紙を切ったり貼ったりして組み立てたものでした。

漫画をみんな読んじゃってからのお楽しみで。
作れない!と妹が放り出したふろく、私が作ってあげたっけ。

応募者全員大サービスのテレホンカード、もったいなくて使えなかったな。
あれどうしたんだっけなぁ。笑


b0197963_12534437.jpg
誰がいちばん、好きだった?

スカイツリーの、地上450mあたり。
泣きそうになったわけは、高いのが怖かったわけじゃなく。笑

高いところから見おろした景色が、とてもとても懐かしかったからなんです。

そこには、りぼんとわたし(幼)が、見えたのでした。



----

b0197963_15575754.jpg

もちろん、今りぼんで連載中の漫画の紹介も。
つばさとほたる?
娘と姪が読んでいる漫画たち。

子供たちよ。
いい漫画、いっぱい読むといいよ!
もちろん宿題を終わらせてからだぞ!
そんで漫画をそこらへんに置いとくなよ!

と、あのころの母と同じことを言っている。。。笑


b0197963_15540830.jpg
「空キュンデートラリー」というスタンプラリーもやっていて、
全部捺すとシールがもらえる、というので娘と姪が燃えました~

b0197963_15554713.jpg
ていうか懐かしくって萌えるがな。
なんてよくできた判子なんだっ 泣

予想以上に良かった、良すぎた!!涙 
りぼんとスカイツリーのコラボイベント。
これを企画してくださった方に感謝です。ほんと!(誰やねん)


b0197963_16024691.jpg
お昼ご飯は ソラマチのレストランフロアへ。

ちょうどお昼時、どの店も行列ができていてびっくりでしたが
比較的すいていた九州料理のレストランへ。
「うまやの楽屋」

b0197963_16045695.jpg
色々おかずの入った「楽屋めし」を。

おねえちゃん、りぼんの感動の余韻で、なんだか胸がいっぱいで…

いやペロリと食べたけども。そこは。(やはり)

おいしかった!ごちそうさまでした。


さて、りぼん展に合わせて前売り券を買っていたので
最後にお土産がもらえたのですが

b0197963_16091052.jpg

家に帰って改めて見てみると、さらに感動…
こんな感じのデザイン、当時のりぼんによく見かけたなぁ~
まるであのころの付録です!

b0197963_16101103.jpg
もう一つは、四月始まりのカレンダーでした。

昭和のなつかしのりぼんと
スカイツリーのコラボレーション!
こんなでっかい塔が建つなんてねぇ。

100円で十個おかしが買えたあのころに、想像もつかなかったよ。

b0197963_16123469.jpg
ぺらり。

息子「なんかスゲー!時代を感じるね」って。
おうよ。読み返したくなるわ!キュンキュンだぞ!笑

最近「ジャンプ」を手に取るようになった息子へのお土産は


ソラカラちゃんの人形焼き、でございました。
b0197963_16180924.jpg


はじめての東京スカイツリー。
すっごく速いエレベーターで、あっという間にてっぺんまで。

39歳になった私と、私の娘と、私の妹と、私の妹の子と。
いろんな気持ちで思い返したりぼんのこと。
10歳くらいだったわたし、もうすぐ10歳になる娘。

今月は、わたしと娘のお誕生日月なのです。

「りぼんを見に、スカイツリーに行こう!」と
チケットを買ってくれてたさとちゃん。ありがとう!!


なんだか、一生忘れられない瞬間がそこにあったよー!

りぼん、ありがとう。

b0197963_16205154.jpg
----

少女漫画界、最高の時代だったと思う。。。
りぼん創刊60周年記念サイト

スカイツリー×りぼんは、三月末まで!




# by naoroll | 2017-01-24 10:45 | 東京 | Comments(10)