ブログトップ | ログイン

one day roll

naoroll.exblog.jp

カテゴリ:東京( 103 )

いきなり深海展。2017


先日、オットと息子と三人で、上野・国立科学博物館で開催中の特別展「深海2017」を観に行ってきました。
たのしかったーーー


11時前の館林発りょうもう号に乗り、
お昼頃 上野に到着。

オットが最初から決めてました!のランチが、、、

b0197963_14141059.jpg
上野駅7番出口から出て目の前、「いきなり!ステーキ UENO3153店」

男子は肉が食べたいんだそうです。
仕方ない、、 娘が不在のため男子ツアーだ。


b0197963_14194059.jpg
ていうかいきなりステーキってお店は知ってたけど、
子供たちが好きなペッパーランチの系列だったんですね。

(肉に詳しくない人)


b0197963_14204863.jpg
オーダーが済んで、
紙エプロンつけてうれしそうなひと。
両手にフォーク。

b0197963_14213435.jpg
うっかり冷水と勘違いしてコップに注ぐ五秒前でした。
これ、あったかいステーキソースなんだって。

b0197963_14224831.jpg
セットのサラダといきなりドレッシング。

b0197963_14232018.jpg
オットのなんとかステーキ、
このあとソースをかけて じゅわーーー!!って凄かった。

b0197963_14240342.jpg
私のはランチメニューのなかで一番お得らしかった、
ハンバーグとワイルドステーキが半々になってるやつ!
メニュー見てたらどれでも良くなりこれにした。


b0197963_14251607.jpg
案の定、肉っていっぱい食べられない(おばやん)のでオットと息子に分けつついただきました。
おいしかったですよ!

特にお米がお!?ってなるくらい美味しかった。
あとコーンがすごくしょっぱかった。。(そこかい)


息子はなににしたかというと

b0197963_14272860.jpg
うおおおおい!っていう、いつもの。笑
ペッパーランチにチーズトッピング。あ、でもこれ肉多め。

b0197963_14282210.jpg
大人になるとさ、
「せっかくここに来たんだから」みたいな感じで頭で考えて食べるもの決める場合があるけれど

子供って純粋に、食べたいものを選ぶよね。
旅行先でマクドナルド食べる的な。自分に素直。


結局どっちも満足感って同じで幸せなんだけど、
チョイスの仕方が違う。。。気がする。


b0197963_14303119.jpg
さて、ずっと楽しみにしてた深海展へ!


深海生物ってすごく興味あります。
私は海ってほんとは恐怖でしかなくて(泳げないし)、深海なんて想像しただけでドキがむねむねするんですが
水深6000メートルより深い「超深海」とか、真っ暗だし水圧も半端ない極限環境で、生息してるイキモノがいるってだけでもう凄い。
そんな環境下に対応するためにどんな進化を遂げたのか、
またそこまで潜っていって調査するためにどんな機器を開発しているかとかハァハァハァ、


(はよ行け)


b0197963_14370623.jpg
ものすごい混雑でした!


まずチケットを買うのに長蛇の列、、、
私たちは前売りを買っておいたのでよかった。
これから行く方、チケットを早めに買っておいてね。

(以下、撮影した展示物を載せます。これから行く方にネタバレになるので注意、あとグロ系苦手なひとも注意)


b0197963_14393469.jpg
ほんと笑っちゃうくらい混んでました。恐るべし夏休み。

展示物を近くで見るのにかなり時間がかかるのと、
館内BGMが久石譲さんなのですが、てんで聞こえない。(オイー!)

b0197963_14460617.jpg
見たい、、見たいけどすぐに行けないもどかしさ、、、


b0197963_14465483.jpg
ハイ、苦手な方、すみません。
そして食べ物ブログなのにごめんなさい。

深海生物は、生きたままの展示が無理なので
ぜーんぶホルマリン漬けです。
こんなのが、いっぱい並んでます。
ちっちゃいのから巨大生物まで、その特徴が面白い。

「ハゲナマコ」っていう名前のがいて、妙にツボる我がファミリー、、

「このハゲナマコーー!!」って叫びたくなるような、悪口みたいな名前だなオイ。


b0197963_14510915.jpg
そうそう私たち、音声ガイドをレンタルして見学したのですが、これとっても良かったです。
ナビゲーターは深海マニアだという中川翔子さん(しょこたん)、
クイズも入ったりして聞きごたえ満点! 展示をより一層楽しめたのはこのガイドのおかげです。オヌヌメ。


b0197963_14532609.jpg
聞いてる息子。
これは深海探査機「しんかい6500」
三人乗りなんですって。しょこたんはこれに乗ったとか。


b0197963_14551209.jpg
耐圧機内部の様子。
水圧ってすごいんですね。
水圧でぺちゃんこになった金属バットが展示されていたけど、どんな状況なのかうまく想像できないです。

こんな狭い空間で深海に潜っていくなんて、、、怖い

b0197963_14541450.jpg
災害のときに深海で何が起こっていたか、、、

b0197963_14591542.jpg
館内は、映像の撮影はNGでしたが、展示物はだいたい撮影OKで
そこもうれしかったり。

でもね、照明が暗めなのと個人的な興奮で、うまく撮れてなかったー


b0197963_15011996.jpg
水の中にいるみたいに見えるから、向こうから撮ってーと言われて
撮ったけど


b0197963_15022339.jpg



b0197963_15024022.jpg
深海生物より深海生物っぽい顔立ちですね。


b0197963_15033150.jpg
お土産ものも ダイオウグソクムシ煎餅とか、ハイ発光中ハイチュウとか、面白かったですよ。

最後にインスタ映え狙ったスペースで記念撮影~


わーい! 


インスタに載せよう載せよう~!!って



b0197963_15083984.jpg


インスタ映え、、、



b0197963_15062627.jpg




b0197963_15065165.jpg




b0197963_15080103.jpg

フォロワー減るわッ!!






(ブログ映え)





b0197963_15104682.jpg
さて、混雑の深海展だけで なんだかへとへとだったのですが
やっぱりここまで来たら常設展も見たいーー!!


b0197963_15121992.jpg

とぐるっと回りました。
やっぱり国立!見ごたえあるある!すばらしい展示物の数々。

ここは時間をかけてもう一度見に来たいな、娘もつれて。

私も20年以上ぶりに来たよ、、、なつかしい


b0197963_15150315.jpg
科学もいいけど、どうしても生物の方が興味深くて(動物繁殖学専攻でした)

特に剥製に見入ってしまった。
いまにも動きだしそう、なんてすごい技術なんだろうか。

b0197963_15165362.jpg
驚いたのが、このおびただしい数の剥製たち、そのほとんどがワトソンT.ヨシモト氏という人が収集していた「ヨシモトコレクション」から寄贈されたものだって!

いろんなコレクターの人がいるけれど、
これはすごい、すごすぎる。
私の夫だったらぶっ飛ばす。違

私がこれを凝視している間、となりでオットがずーっと鼻歌を歌っていてうるさかった。

てんてけてんてん、てんてけてんてん、、って

吉本新喜劇のテーマ。ぶっ飛ば(略


b0197963_15214781.jpg

地球館から日本館までめぐって、
ジロとハチ公の剥製も見て胸がいっぱいに。
日本館の建物のすてきさにも圧倒された。

ほんと、いい時間でした。



てんてけてんてん、(耳に残ってるワ!)




b0197963_15232693.jpg
クジラを背負ってクジラを撮るひと。
クジラってこんなでかいんだ!


b0197963_15242962.jpg
野口英世ってこんなでかいんだ! (大違)

朝は雨が降っていたけど、上野では降られず良かった。
さいごのさいごに



b0197963_15254174.jpg
こんな愉快な人たちとすれ違い、テンションあがっちゃった~

撮っていい~?ってカメラ向けるとピースしてくれた。
ブログに載せてもいい~?は聞き忘れ。(載せとるが)

レンタルカートって書いてあるね。
コスプレしてカートに乗れるツアーかな?


b0197963_15271686.jpg
悟空もカートに乗るんだね~!笑

うちのオットも深海魚の顔してタンクローリーに乗ってるよ。(仕事)


b0197963_15292613.jpg




上野っていうとね


これは余談ですが


小学生の頃、土日も母親が忙しく仕事していたため、(美容師)

家族であまりお出かけしない時期がありました。
たまにはどこか行きたい、、、って思っていただけか?私が訴えたのか?今となってはわかりませんが

両親が日曜日に、上野動物公園に連れて行ってくれました。

混雑する動物園で、
いつもは財布のひもが固い母親がほしいものを買ってくれたとか
パンダを見るときは立ち止まってはいけないとか (歩きながら見るの)
丸いテーブルでおにぎりを食べたこと。
記憶の断片がずっと残っています。

でも一番うれしかったのが
りょうもう号の車内、家族四人向かい合わせに座って上野に向かったあのひととき。
なんだかとても特別なかんじ。
前日に父親が切符を買っておいてくれたこと。
小学生の私にとっての、それはとても特別な感じ。


なんかそういう記憶って、たからものだなって思うのです。
幸せだった、愛されてたっていう自分のなかでの証拠。
みんな絶対そういうの持ってるでしょ?

帰りの特急列車、
オットと息子と向かい合いながら

また来ようね、四人で来ようね、と 思うのでした。





------
ホームページかっちょいい!
深海2017(10/1まで)

略してカハク
国立科学博物館

流行ってますな。
いきなり!ステーキ



by naoroll | 2017-08-21 03:24 | 東京 | Comments(4)

スクイーズ、竹下通り、クッキータイム


みーたんのクレープ。
b0197963_22011395.jpg

毎年夏休みの恒例、私&娘、イモウトと姪っ子で行く女子ツアー。
今年はわけあって短めに、、、

原宿へ行きました!



原宿、、そこは小学生女子の憧れの場所なのでし。


b0197963_22032510.jpg
早めの出発はここに来るため。

「日本スクイーズセンター」という少々大げさなネーミングのこのお店。


b0197963_22041691.jpg
小学生に流行中の「スクイーズ」
もちもち触感の食品サンプルみたいなやつです。

原宿にあるこのお店、スクイーズの専門店なのですが
入店するのが入れ替え制で、予約しないと入れません、、。

さとちゃん、手続きさんきゅーね!


b0197963_22061111.jpg
名前からしてどんな立派なお店かと思ったけど、、、
予想より店内狭め。
(娘が、コンビニの半分くらいの広さ、って言ってたけど言いえてる!)

人がいっぱいで暑い~~クーラー効いてないわ。

b0197963_22080243.jpg

しかしスクイーズはいっぱい~。
子供たち(小学生女子多め)が興奮気味に物色していました。


b0197963_22090917.jpg

もちろん姪っ子とうちの子も楽しそう~
女の子はお買い物が好きなんだな。うんうん。


b0197963_22095300.jpg
さてスクイーズ選びを楽しんだあとは、すぐそばの竹下通りへ。

原宿と言ったらここでしょ!
私も小学生の時に母親に連れてきてもらってはしゃいだ記憶あり。


b0197963_22111687.jpg

お天気ばっちりすぎて暑い、、
しかもさすがにひとが多い!

おばちゃんはもうくじけそう(早っ
娘たちは面白いTシャツ屋さんを覗いたり、プリクラを撮ったり。

ぶらぶら歩いてお腹すいたーと
綿あめもタピオカも気になったけど、、、


b0197963_22131903.jpg
やっぱりクレープが食べたい~!と
かわいいお店へ。

クレープ屋さんはいっぱいあったけど
どこが美味しいとかあったのかなー?よく知らぬまま


b0197963_22141492.jpg
メニューがいっぱいだお。



姪っ子が選んだのがトップ画像、ホイップモリモリのチョコバナナ。
うちの娘はホイップが苦手なので

b0197963_22150625.jpg

クリームをチョコクリームにカスタマイズしてもらいました。

そこにイチゴとチョコケーキが刺さってるの。


b0197963_22163903.jpg
クレープの仕上がりを待ってる間に、

隣の隣のカルビーショップでイモウトが買ってきた揚げたてのじゃがりこ。
どんだけポテトなんじゃい、っていう笑


クレープ食べながら竹下通りをぶらぶら、、、

良かったね、女の子たち~。


b0197963_22174872.jpg
さてそのあとは
行ってみたかったCookie Time へ! 
ニュージーランドからやってきたクッキー専門店です。

オープンしたての頃はずいぶん話題になってたね~。


b0197963_22213573.jpg

お店の前で セイグウェイに乗ったセクシーおねえさん(クッキーガール)が
試食のクッキーを配ってました。

もらってパクリ。


ふにゃっとして激アマ!
あっま~!!と言いながら楽しくなる感じ。笑


b0197963_22235538.jpg
店内はとってもポップ!
これはクッキーでサンドするアイスクリーム。


b0197963_22245682.jpg
ボトルがかわいいお飲み物たち。
これはなんだったんだろうな。

何を注文しようか悩んだけど
b0197963_22275645.jpg
シェイクの中でも一番甘さが控えめそうな?
「エスプレッソコーヒー クッキーシェイク」を

b0197963_22290679.jpg
トップにバニラアイスと砕いたクッキーがたっぷり!
太めのストローでいただきます。

うん、おいしい!

おいしいよ!
けれどもだ、

あ、甘い、、、なんていう潔いあまさ!

お茶をくれ!苦めのお茶をくれ~!と楽しんでおりましたら


b0197963_22315119.jpg
結構待たされてた、
イモウトのキタ!どーーーん!!

なんかキャラメルのなんとかっていう
これでもドリンク!

b0197963_22343080.jpg

ちょっとメニューが分かりづらくて名前は失念。


んもう上から下まで激アマでした。笑
すごいぞ!NZ!あっぱれです。

イモウトは「砂糖より甘い」と書いていたけど
ちょっと検索したら
「脂汗がにじむほど甘い」って表現してる人もいました。笑
どんだけですか!(でもわかる!笑)


b0197963_22362462.jpg
スタッフさんも外人だし、
まんま外国にきたような店内、
日本人の好みに合わせて甘さを控えめにするとかじゃなく、
しっかりスタンダード守ってる感じは嫌いじゃないぞー!

外国みたいだね、と娘にも買い物にチャレンジしてもらいました。

(あとから知ったんだけど、英語で注文するとクッキーが一枚サービスされるそうです。わーーん!チャレンジしたかった!笑)


b0197963_22390444.jpg

さて竹下通りのあたりにさよならして

b0197963_22393514.jpg

今や誰一人並んでいないポップコーン屋さんにびっくりしつつ
(ブームって怖い)


b0197963_22400967.jpg
最後はキディランドに寄って
原宿ツアー(for小学生女子)を満喫しました!
ここはいろんなものが売っててたのしいな。


b0197963_22413042.jpg

帰りのりょうもう号、ホッとしたのか
ここが一番楽しそうだったけど。笑


夏休みの思い出になったかな?



そういえば 

せっかく原宿行ったのに





くにちゃんとマーシーのショップに寄るのを忘れました。
(無いワ!!)



---

Cookie Time







by naoroll | 2017-08-14 00:01 | 東京 | Comments(4)

マッターホーンのケーキ

b0197963_15554934.jpg

Mねぇさんツアーではnukumukuのあと、
わたしのお願いをきいてもらって銀座ロフトへ「パンとごはんと」のお皿を買いに。
その後セントルをひやかして笑、

行ってみたかったマッターホーンへ!

ここのカフェでお茶したかったー
しかし、満席!がびーん
行列ができていたので、時間の関係で今回はあきらめました。

次の楽しみにしよう、、
待っててね!モカソフト!

b0197963_15582366.jpg
ケーキの宝箱やぁ~(そのまま)

イートインはできなかったけど
せっかく行ったので気になるケーキをテイクアウト。

我が家によってもらって ねぇさんとお茶しました。

b0197963_16011843.jpg
すべては ねぇさんをうちに連れ込む作戦だったんですけどね、、、、大違

ちょうどこの頃 ゴリラげううが ザーー!!っと来て

子供たちが早めに帰宅。

b0197963_16030396.jpg
おやつにケーキがあってウレシイね~。
Mねぇさんがいるから照れちゃうね~。

b0197963_16035218.jpg
私は食べてみたかった「ダミエ」

軽いカステラみたいなスポンジに
こっくりしたバタークリーム。
なんかちょっと懐かしい感じの、でもしつこくない甘さ。
すごくおいしかったです!

b0197963_16060035.jpg
次に行ったらクッキー缶も買いたいな。缶がかわいかった!

いろんなとこ連れて行ってくれてありがとー!
ぜひぜひ、またまた。



---

マッターホーン




by naoroll | 2017-07-31 01:50 | 東京 | Comments(2)

nukumuku (三軒茶屋) でもりもり朝ごパン!

やぁみんな!元気かな!

何から載せればいいかわけわからなくなってきたけど、
片っ端から更新を再開するからついてこい! (何様だ)

---

キレイなMねぇさんにあちこち連れまわされるツアーに行ってきました。

b0197963_13494462.jpg
なおちゃんの行きたいところが私の行きたいところだよ!
どこでもいいよ!
と言われて、、、んもう~♡

行ってみたかったnukumuku(ヌクムク)さんでまずは朝ごはんを。
以前は練馬にあったんだよね、
三軒茶屋にお引越しして ベーカリーカフェにリニューアル。

b0197963_13513604.jpg
行ってみたかった大きな理由、、

パンはもちろん食べてみたかったですが、店内がかわいいのですー!
アメリカンポップ!

b0197963_13521252.jpg
どこもかしこも大好きな感じ!

学生のころ、アメリカの古い雑貨とか大好きで
原宿とか下北沢のお店いろいろ行きました。(懐

青森に住んでいたころも探したら、八戸とか三沢にあったんだよなー。
んでそのころ付き合っ(自粛


b0197963_13541365.jpg
早めの時間でお客さんがいなかったので いっぱい撮らせてもらっちゃいました。
スタッフさんもやさしいです。

この子ちょっと石破さん風

b0197963_13560994.jpg
フリントストーンも好きだった~

ちなみに私が学生のころっていうのはパフィーの全盛期、
ロドニーさんのイラストも流行ってた。

b0197963_13575721.jpg
カフェオレのグラスがかわいーーーー!!
これだけでテンションあがる


最初から決めてました!の メニューはこれ。
パン盛り。

b0197963_13585479.jpg
どーーん!

この盛り!
ヌクムクさんのパンがいろいろもりもり。
すごいボリュームです。笑

b0197963_14005612.jpg
フィキシングが三種類選べます。

迷いに迷って、アールグレイとハスカップのジャム、
そしてシンプルにバターを。

b0197963_14021556.jpg

二種類頼んでふたりでシェアしよう~ということで
もうひとつは前菜の盛り合わせプレートを。

こっちもすごい!
バゲットが付いてしまってる!笑


b0197963_14002487.jpg

一気にテーブルがいっぱい。幸
どれから食べるか迷ったよ。

b0197963_14072502.jpg
パンの盛りはその日によって違うのかな?
メロンパン、明太フランス、クロワッサン、そして食べてみたかったここの食パン!
どれも美味しかったです。

カットしてあるのでシェアしやすいですよ。

b0197963_14084707.jpg
食べきれない分は袋に入れてくださり
持ち帰ることができます。ご安心を!笑



かわいい店内とおいしいパン、
やっぱりMねぇさんツアーは最高なのでした。にひ。



----

nukumuku












by naoroll | 2017-07-29 14:14 | 東京 | Comments(4)

ネズミーランド

先日、夢の国(ランドの方)に行ってきました。

前日の夜までは出かけられるようなテンションでなく、
娘だけ預けようと思っていたんですが

当日の朝五時ごろ目が覚め、
やっぱり行こう、、、と思って。  (なんだそりゃ)

b0197963_16063322.jpg
(この国にも七夕があるらしく、笹がどーんと!)

まず到着して一番初めに、イモウトにそそのかされて落ち系のアトラクションに乗りました。
ひゃーーーー!っと落ちて、お腹がふわーーーー!っとなり
ざばーーんと水をかぶってずぶ濡れに。。。

それがこの国でのまず最初の出来事で、
魂を抜かれたようになってしまいました。

b0197963_16154701.jpg
(お願い事を結びつける娘)

前後左右に揺れるのはある程度スピードがあっても耐えられるのですが
上から下に落ちるやつはダメです。

お姉ちゃん、もう二度と乗らないから!と夢の国の言葉で絶叫しました。
すでに帰りたい、、、朝九時


b0197963_16210447.jpg
こんなにギッシリの願い事、天まで届くのでしょうか。
(きっと届くよ、夢の国だもの)

b0197963_16222958.jpg
イモウトもなにか必死で書いていました。
金がほしいとか、山Pに会いたいとか、まぁそんなことでしょうね。


写真はいっぱい撮ったはずが、

なにやらドナルドダックのサングラスをかけて、浮かれた自撮り写真ばかりで
ブログに載せられるようなのが見当たりません。
自分とは思えない。(アナタです)

b0197963_16232103.jpg
ポップコーン食べたりアイス食べたりしてあっちこっち乗って

14時すぎにへとへとでやっと座れた食事がこれ。

b0197963_16253184.jpg
夢の国でのごはんは、マズい!とか美味しい!とかじゃなくて
「夢のくにぃ!」なテイストなのですが

この奥に写ってるカップ入りのサラダ、
これはもう消毒の香りしかしなくて
プールの味でした。これはダメ。(すいません)

この国で一番おいしいと思うのはワゴンで売ってるティラミス味のビスケットサンドアイスです。

しかし。



b0197963_16283656.jpg
最後にネズミーのおうちに一時間ほど並び、
一緒に写真を撮ったら、もうそんなのどうでもよくなりました。

んも~かわいかったん!  (笑

来て良かったん! (笑



んでこの写真を撮って通りまで歩いて行ったら
ちょうどパレードがやっていて、

パレードにさっきまで一緒だったはずのネズミーが出ていました。

b0197963_16342558.jpg
パーク内に一体何匹い(自主規制)







もうおばやんなので、帰る頃は超ヘトヘトで
夜はヘドロのように眠りました。

さとちゃん、お姉ちゃんしばらくはランドはこりごりです。






次はシーにしましょう。(行くんかい!)


----

夢の国




by naoroll | 2017-07-05 16:36 | 東京 | Comments(2)

ブレッド&タパス 沢村 (広尾)

二か月ほど前のこと、イモウトと六本木に観劇に行った際のランチはここでした。

b0197963_10485492.jpg

「ブレッド&タパス 沢村」さん。
軽井沢にあるベーカリーレストランの支店です。
東京にもあちこちできてますね。

しかしこれがもう二か月も前のことかー。
なんだか日々があっという間に過ぎていくよ。
もう少し毎日を大切に過ごさないとなぁ。。(独り言)

b0197963_10502042.jpg
ランチタイム、二階のレストランは混んでいたので少し待ちました。

焼き立てパンを窓越しにじっと見つめるイイ女…


さとちゃん29日お手伝いよろしくね、ね、んね!!(必死か)

b0197963_10562074.jpg
待ちながらメニューを凝視するよねー。
穴が開くほど見るよねー。

夜寝るときに目を閉じるとこの黒板がまぶたの裏に浮かぶよねー。(どんだけだ)

b0197963_10592588.jpg
かぼちゃのプースー。

b0197963_10595395.jpg
わーいパン盛りだよ! 二人分入っています。
これはおかわりできますよ。

b0197963_11022442.jpg
向きを変えて撮ってみたよ。(あまり意味がない)

真ん中のは海苔の入ったポンデケージョみたいにもちもちの揚げパンでした。
美味しかった。

b0197963_11033797.jpg
肉食系イモウトの、「豚ロースのソテー、ピッツァ職人風」
お肉の下にはポテトが!

b0197963_11043923.jpg
トマトソースとチーズとバジルがかかってました。
なるほどピッツァ職人風

b0197963_11081861.jpg
私はチョップドサラダで。

b0197963_11085774.jpg
パンを美味しくいただく!
やっぱり私たちはこういうランチ大好きだなぁ~と再確認。

最初カウンター席だったのですが、テーブル席が空いたので移動させてもらいました。
スタッフさんもとっても親切で、良い時間過ごせました。

b0197963_11104833.jpg
食後にコーヒー。

ところで「ブレッド&タパス」の「タパス」ってなんぞや?
と疑問に思ってあとから調べたら

スペインの色々な小皿料理のことなんだって。
なるほどー!

またひとつお利口になっちゃったな~。 (前向き)



----

ベーカリー&レストラン「沢村」公式

29日はブローチ展!
これでもか!と言うくらいおかし焼いて行くよ!




by naoroll | 2017-04-24 11:16 | 東京 | Comments(2)

ハドソンマーケットベイカーズ (麻布十番)

二月のはなし。

b0197963_11042422.jpg

麻布十番をぶらぶら・・・

となるとこちらに寄っちゃいます。

b0197963_11105543.jpg
ハドソンマーケットベイカーズ。

b0197963_11124024.jpg
アメリカンスイーツのお店、でもよくあるアメリカンなイメージの、ラフでおおざっぱ、というのではなくて
どのお菓子も シュ!!としたかっちょいい見た目。

b0197963_11180135.jpg
シュ!!

b0197963_11184244.jpg
シュ!!



b0197963_11190260.jpg
スタイリッシュ!!

ハドソンのキャロットケーキは、フロスティングが うねうね~っとしているのが特徴的。きれい~。

b0197963_11210714.jpg
アップルパイの、このふちも、うねうね~っとしているね。
パイはここがおいしいよねー!

b0197963_11221413.jpg
あー 美味しそう。
これは「人気」というアップルパイの中から、クラムアップルパイ。

b0197963_11225601.jpg
層になったりんごがぎゅうぎゅう、ほどよいシャキシャキ感が残ってます。
確かアイスを添えることもできたと思います。


パイもケーキも、たっぷりのコーヒーによくあって本当においしい。
六本木に来たついでだったけど、あー来てよかったな、と。

b0197963_11362551.jpg

今回、店主の大坪ほまれさんもお見かけできてドキドキでした。

オーラがはんぱなくて声をかけられなかったわ。。。
かけられる雰囲気でもなかった・・・(敗北感)



今度レシピ本にサインをもらうかな!(まだやるか)



b0197963_11335146.jpg

そんななか、

このキャロットケーキをポーーっと見つめていたら

これを思い出しました。








b0197963_11353745.jpg
これってケーキだったんかな。 (違)




----

b0197963_11454287.jpg

HUDSON MARKET BAKERS






by naoroll | 2017-04-12 11:41 | 東京 | Comments(0)

イイホシユミコさんのショップへ

これも去年のことです。。

磁器作家、イイホシユミコさんのショールーム&ショップへ行きました。

b0197963_15013913.jpg
神宮前の、「コープオリンピア」という建物の二階にある一室がショールームになっています。221号室。

サイトで確認すると
「表通りと反対の裏側が正面入り口です」と書いてあって、

正直よく意味が分からず(笑、
「おもてどおりとはんたいのうらがわのしょうめん…」とブツブツ繰り返しながら歩いて行ったのですが、
実際に行ったらすぐにわかりました!

b0197963_15044937.jpg
もー、どこを見ても素敵でした。

この静けさも好きな感じ。

b0197963_15062223.jpg
イモウトに付き合って、しょうがないな~って感じで着いて行ったのですが
やー、見るとやっぱりすてきで買っちゃうね!そこはね!

b0197963_15070338.jpg
そしてイモウトのお目当ての品はこのとき品切れだったっていう。
ちーん。

b0197963_15073443.jpg
すごく素敵な空間でした。
空気が違ったというか。

買い物を終えて建物の外に出たら、やはりそこは神宮前で
ひとがいっぱいで
都会の喧騒っていう、そのもので。
扉一枚隔ててあんなにも別世界になるものか、と不思議な気持ちになりました。


そうそう、イモウトはその後

またここを訪れたそうなのですが

b0197963_15181607.jpg
その時なんとイイホシユミコさんご本人にバッタリお会いできたらしいです!
なんというミラクル~!すごいすごい。

そこで私にお皿を買ってくれて
箱にイイホシさんのサインをもらってきてくれました。
うれしすぎ~!

(真ん中の箱のはイモウトの落書きですが)(余計)


「サインもらうのすごく勇気いった!」って言ってた。だろうなぁ笑
サインがまたかわいい・・・


私もいつどこでサインを求められてもいいようにサインの練習をしておきたいと思います。(言ってろ)

b0197963_15351143.jpg
イイホシユミコ



by naoroll | 2017-02-09 15:39 | 東京 | Comments(0)

水曜日の、SundayBakeShop

去年のクリスマス前頃のはなし。
姉妹で一年の締めくくりに、行きたかったのは

b0197963_10584174.jpg
やっぱり、このおみせ。
サンデーベイクショップ!

b0197963_11011624.jpg
久しぶりに、水曜日に行くことができました。
クリスマス前だったので、クッキーの飾りがかわいかったな。

水曜日の朝ごはんを食べに行こう!と早く出たのですが
首都高が混んでいてお昼近くになってしまった。

b0197963_11021448.jpg
朝ごはんのスコーン。
これにジャムやバターを好きなだけつけていただけるんです。

b0197963_11041290.jpg
おいしそう~

そして水曜といえばキッシュ!
この日はさといもの入ったキッシュだったかな。

b0197963_11045887.jpg
サンデーベイクショップのキッシュ、アパレイユの塩気に対して、
パイ生地がほんのり甘く感じる、そこがたまりません。
粉の感じといい具材の使い方といい、もう完璧すぎる‥大好きです。

b0197963_11070188.jpg
おかしはココナッツドリームケーキと

b0197963_11073189.jpg
ジンジャー&ホワイト。

b0197963_11082586.jpg
そして水曜日のカフェラテ。
これが飲みたかったー!
もう幸せでした。

b0197963_11092197.jpg
ふたりで半分こしながらいただきました。
こんなにわくわくするおかしやさん、他にないです。

b0197963_11115346.jpg
ジャージーバターの色にうっとり。
なんて美味しいん!

b0197963_11123876.jpg
元気なときも、
元気がないときも

あーーー行ってよかった!って思えてしまう不思議なおみせ。

ことしもよろしくお願いします。

b0197963_11150526.jpg
この数日後、我が家にワンコが来ました。
名前は、サンくん。笑

---
SundayBakeShop



by naoroll | 2017-01-25 11:18 | 東京 | Comments(4)

東京スカイツリー、そして漫画雑誌「りぼん」


スカイツリーのてっぺんで、涙することになるとは。


b0197963_11142879.jpg

週末は、イモウトと姪っ子、私と私の娘の四人(女子チーム)で、東京スカイツリーへ行ってきました。
私は初めて行ったのですが、お天気がよくて見晴らしがよかった。富士山もきれいに見えました。

b0197963_11242310.jpg
スカイツリー形の影がくっきり。
上から見ると、さっきまで自分たちがいた地上がまるでおもちゃの世界。
高所が苦手なのでどうかなと思ったけど、なんだかあまり現実とは思えないような感じで、大丈夫でした。

さて、スカイツリーに行こう!と(イモウトが)企画したきっかけはというと、、


b0197963_11271041.jpg
じゃじゃん!
これね、スカイツリーのエレベーターの壁です!
1991年から1994年まで集英社の雑誌「りぼん」で連載されていた名作少女漫画「天使なんかじゃない」@矢沢あい。
分かる人には、わかる・・・

b0197963_11383563.jpg
そして、わかるひととハイタッチしたい!笑
地上445mの天望回廊へ続くエレベーターの中が、りぼんの名場面でいっぱいになっているのです。(この時点ですでにテンションあがりまくった。笑)

b0197963_11393418.jpg
「りぼん」は今年で創刊60周年なんだそう。

それを記念して、450mへ向かうスカイツリーの展望回廊内で『250万乙女のときめき回廊at TOKYO SKYTREE®』というイベントが開催されています。

私とイモウトが、小学校のころ夢中だった「りぼん」
そして今、「りぼん」を手に取るようになった娘と姪。
これは、行くしかないでしょ~!と。

b0197963_11490146.jpg
これがもう、懐かしすぎて大感動の嵐、でした。
分かる人たち!見てくださいよ、このパネル!

b0197963_11501081.jpg
こどものおもちゃ、ママレード・ボーイ、姫ちゃんのりぼん、赤ずきんチャチャ、、、これは20年前のりぼんの表紙です。

b0197963_11540630.jpg
いざ450mへ‥ と歩いていく展望回廊、
b0197963_11544187.jpg
私たちは、こんな眺めはともかく (!!)

b0197963_11551808.jpg
こっち側に夢中だった!笑
奥なんて、松浦遊ですよ、奥さん!!(同志よ!)

b0197963_11574576.jpg
マーブルチョコの味ぃぃぃぃ!!@晃
雨の中捨て犬を抱き上げる名シーンも。笑
「このふたり結局くっつかないんだよねえ??」
「マミリンはカッコいい人とくっついたよね?」
などとお喋りがとまらない私たち。

昔のことはよく覚えてるってやつはこれですか?(婆)

b0197963_12010159.jpg
吉住渉も、よく読んだなー。
柊あおいも、好きだったなー。星の瞳のシルエット。
ときめきトゥナイトは、らんぜの時と、りんぜの時と、どっちが好きだった?

b0197963_12034424.jpg
真壁俊にくっつくイモウト(奥)。笑

ずーっと思い出しもしなかった。
思い出すきっかけもなかったんだ。
なのに、記憶の糸を引っ張ると、ちゃんと全部つながっていて。

b0197963_12055942.jpg
(創刊からのりぼんの表紙が一面に!)

「あー、これなんだっけ?」
「ねこねこファンタジア」
「あーーーー!!爆笑」

b0197963_12401926.jpg
毎月待ち遠しかった少女漫画雑誌。
私が「りぼん」を先に買うと、イモウトが「なかよし」を買ってきて。
ふたりで交互に夢中で紙をめくったっけ。

空色のメロディ、ハンサムな彼女、マリンブルーの風に抱かれて、グッドモーニングコール、お父さんは心配性…ちびまる子ちゃん!

それがどんな話だったか、どれがお気に入りだったか、
あの分厚い雑誌の中身につまっていたわくわくとドキドキ!

そして、決してそれだけじゃない、記憶の不思議。

頭のなかのページ、ずっとめくってなかった、そのページを開くように。
思い出される。そこにあるのは、

りぼんを読んでる、自分のすがた。
b0197963_12073775.jpg


ランドセルをほっぽりなげて
実家のあのテレビの部屋の、

畳のうえ、座椅子にごろりと寝転んでページをめくる、小学生のわたし。

りぼんの、紙のにおいまで、鼻先をかすめるような。

居間の出窓に、りぼんと、付録を積み上げておくと、お母さんに「片付けなさい!」と叱られた、あの感じ。

イモウトと取り合ってけんかした、読みかけのりぼん。

あのころの風景が、なんだか目に見えるよう!
それはまるで

高い高いところから、幼かった自分を見おろすように。

b0197963_12092951.jpg
ねぇ さとちゃん。
あのころの私たちに教えてあげたい。

いつか お互いの娘と一緒に、この表紙を眺めるときが来るんだよって。

b0197963_12501052.jpg
この付録持ってたーーー!!


今は少女漫画雑誌の付録と言ったらポーチやらペンケースが主流のようですが
私たちの「あのころ」はねぇ、
なにやら紙を切ったり貼ったりして組み立てたものでした。

漫画をみんな読んじゃってからのお楽しみで。
作れない!と妹が放り出したふろく、私が作ってあげたっけ。

応募者全員大サービスのテレホンカード、もったいなくて使えなかったな。
あれどうしたんだっけなぁ。笑


b0197963_12534437.jpg
誰がいちばん、好きだった?

スカイツリーの、地上450mあたり。
泣きそうになったわけは、高いのが怖かったわけじゃなく。笑

高いところから見おろした景色が、とてもとても懐かしかったからなんです。

そこには、りぼんとわたし(幼)が、見えたのでした。



----

b0197963_15575754.jpg

もちろん、今りぼんで連載中の漫画の紹介も。
つばさとほたる?
娘と姪が読んでいる漫画たち。

子供たちよ。
いい漫画、いっぱい読むといいよ!
もちろん宿題を終わらせてからだぞ!
そんで漫画をそこらへんに置いとくなよ!

と、あのころの母と同じことを言っている。。。笑


b0197963_15540830.jpg
「空キュンデートラリー」というスタンプラリーもやっていて、
全部捺すとシールがもらえる、というので娘と姪が燃えました~

b0197963_15554713.jpg
ていうか懐かしくって萌えるがな。
なんてよくできた判子なんだっ 泣

予想以上に良かった、良すぎた!!涙 
りぼんとスカイツリーのコラボイベント。
これを企画してくださった方に感謝です。ほんと!(誰やねん)


b0197963_16024691.jpg
お昼ご飯は ソラマチのレストランフロアへ。

ちょうどお昼時、どの店も行列ができていてびっくりでしたが
比較的すいていた九州料理のレストランへ。
「うまやの楽屋」

b0197963_16045695.jpg
色々おかずの入った「楽屋めし」を。

おねえちゃん、りぼんの感動の余韻で、なんだか胸がいっぱいで…

いやペロリと食べたけども。そこは。(やはり)

おいしかった!ごちそうさまでした。


さて、りぼん展に合わせて前売り券を買っていたので
最後にお土産がもらえたのですが

b0197963_16091052.jpg

家に帰って改めて見てみると、さらに感動…
こんな感じのデザイン、当時のりぼんによく見かけたなぁ~
まるであのころの付録です!

b0197963_16101103.jpg
もう一つは、四月始まりのカレンダーでした。

昭和のなつかしのりぼんと
スカイツリーのコラボレーション!
こんなでっかい塔が建つなんてねぇ。

100円で十個おかしが買えたあのころに、想像もつかなかったよ。

b0197963_16123469.jpg
ぺらり。

息子「なんかスゲー!時代を感じるね」って。
おうよ。読み返したくなるわ!キュンキュンだぞ!笑

最近「ジャンプ」を手に取るようになった息子へのお土産は


ソラカラちゃんの人形焼き、でございました。
b0197963_16180924.jpg


はじめての東京スカイツリー。
すっごく速いエレベーターで、あっという間にてっぺんまで。

39歳になった私と、私の娘と、私の妹と、私の妹の子と。
いろんな気持ちで思い返したりぼんのこと。
10歳くらいだったわたし、もうすぐ10歳になる娘。

今月は、わたしと娘のお誕生日月なのです。

「りぼんを見に、スカイツリーに行こう!」と
チケットを買ってくれてたさとちゃん。ありがとう!!


なんだか、一生忘れられない瞬間がそこにあったよー!

りぼん、ありがとう。

b0197963_16205154.jpg
----

少女漫画界、最高の時代だったと思う。。。
りぼん創刊60周年記念サイト

スカイツリー×りぼんは、三月末まで!




by naoroll | 2017-01-24 10:45 | 東京 | Comments(10)