ブログトップ | ログイン

one day roll

naoroll.exblog.jp

カテゴリ:蓮見商店( 11 )

蓮見商店なう その11

わたくし、蓮見商店で年末にお配りするカレンダーを組み立てております。

お陰さまで、今年もたくさん組み立てております。


組み立ててるなう!


b0197963_11415618.jpg


日めくりカレンダーの裏側にあるツメを起こし、台紙に差し込み、袋にいれる。
という単純繰り返し作業なう!


組み立ててるなう!


なう!!




いや正確には「休憩」と称してパソコンいじってるなう!!



で この台紙の女性は誰なんでしょう
まったくわかりません。


b0197963_11472867.jpg

蓮見商店では毎年この日めくりが定番なので、私も嫁に来たころは家で使ってみましたが

「20日分くらいをまとめてめくる」という行為を3回くらい繰り返して、やっと




向いてない。

と悟りました。ズコー!!



なのでカレンダーは2種類ご用意し、お客さまにも日めくりにするか月めくりにするか、お選びいただいております。


でもお年寄りのおばあちゃんたちには日めくりが人気みたい。
中には、毎日、日めくりに書いてある格言をノートに写してるんだよ、なんていうおばあちゃんもいらして、そういう日課って素敵だなぁと感心しました。


さてこの仕事すると年末がくるー!となんとなく気が焦ります。
そんなときはお茶でも淹れて甘いものでも食べますか… (*´-`*)    (仕事しろ)






みなさんどんなカレンダー使ってますか?
by naoroll | 2013-11-18 11:56 | 蓮見商店 | Comments(4)

蓮見商店なう その10

こんなカテゴリがあったの忘れてたー。

前回はどんなこと書いていたのか?その9を確認したら、ちょうど一年前!汗



b0197963_22394558.jpg



そう、蓮見商店ではお盆用品絶賛発売中なんです。
今年も私は色紙を切って切って切りまくっておるのです。

b0197963_2240923.jpg


とにかく毎年ひとりでたくさん切るのですが
他にこうやってお盆用品として切った色紙を販売しているお店ってあるのでしょうか?

もし知っていたら教えていただきたい!
地域によって切り方が違ったりするんじゃないかなぁと…

そしてほかのお店の「色紙切り担当」の方と


「今年もがんばろうね!



  上手に切ろうよね!!(´∀`)


などとラインでも送りあいっこしてみたいもんです。


切り紙友募集。(マジでな)




----


蓮見商店で販売しているお盆用品の中で、「食品」がふたつあります。


b0197963_22445298.jpg


切り昆布 と、きな粉です。

大抵のお客さまが、このふたつをセットで買っていきます。

きな粉はもちろんぼた餅用。
板倉ではお盆にきな粉のぼた餅を準備する家庭が多いのですね。
暑い中、餡子よりもきな粉の方が日持ちするとか、そういう理由もあるらしいです。

ちなみに私は餡子のぼた餅にきな粉をかけるのが好きです。(要らん情報)



切り昆布は、かぼちゃと一緒に煮て、お盆に必ず食べるんだとか?
嫁に来て初めて知りました。
みなさんのお宅ではどうですか?





----


蓮見商店は13日の夜まで営業してます。
まだお盆の準備がお済みでない方、買い忘れがあった方、ぜひいらしてください。


14、15、16日の三日間お休みをいただき、17日は営業致します。
どうぞよろしくお願いいたします。(嫁)
by naoroll | 2013-08-11 22:55 | 蓮見商店 | Comments(4)

蓮見商店なう その9

蓮見商店では、お盆用品を各種取り揃えております。

b0197963_2222745.jpg


毎年お盆の準備は蓮見商店で、とお買い物にいらっしゃる方も多く、大変ありがたいことです。




私が最近何をしていたかというと


b0197963_2223189.jpg


これを切って、切って、切りまくっておりました…!

なんだかわかります?


b0197963_22242460.jpg


盆だなに飾る、色紙です。


これがまた、独特な、複雑な切り方でして…
嫁にきて初めてこれを義母に習ったとき、「ヤバいなこりゃ」と必死で練習したのを思い出します(´∀`;)

あのころはだいぶ失敗して無駄を出してましたが…
最近はほとんど私一人で切れるようになりました。


皆さん良いお盆をお迎えください。

心をこめて、切り紙ご用意しております。


お盆用品のお買いものは、是非蓮見商店へ!
どうぞよろしくお願いいたします。
by naoroll | 2012-08-06 08:20 | 蓮見商店 | Comments(2)

蓮見商店なう その8

b0197963_222581.jpg


年末年始やお祝いごと、ちょっとしたご挨拶としてお配りする、この名入れタオル。
どちらのご家庭にも、必ずあるのではないかな、と思います。

なにかと便利なタオルなのですが、そもそもなぜ、タオルを贈る習慣ができたのか知ってますか?



そもそもの始まりは、江戸時代。
歌舞伎役者が考案したデザインや家紋を染めた 手ぬぐいを贔屓筋に配ったのが始まりだそうです。

生活に欠かせない日用品を贈る、という実用的かつ便利な習慣としての、手ぬぐい。
昭和40年ごろまでは 手ぬぐいが贈答品としてメジャーだったようですが、いつしかタオルに変わり、現代にいたる、というわけです。




---



何故 手ぬぐいの話をしているのか、というと。



蓮見商店の倉庫なう、です(・∀・)


b0197963_22344384.jpg


b0197963_22345489.jpg


これは、お茶っぱを入れるための木箱です。
昔、蓮見商店でお茶の量り売りをしていた時代があったようで、その名残で、こんな箱が倉庫にどっさりあるのです。

その埃をかぶった木箱を恐る恐る開けてみたら…
(ていうかね、本当に物凄い勇気がいるのですよ。生き物系がどわー!っと出てきたらどうしよう、とか無駄な想像力が恐怖心を増します)

b0197963_22372230.jpg


「名入れ手ぬぐい」をどっさり発見!!

はじめは、なんだこりゃ?という感じでゴミだと思ったのですが…(すいません)

一枚一枚開けてみると、そのデザインの多様さにびっくり。感動。
今使われている「名入れタオル」はたいてい真っ白で、端っこに名前がプリントされただけのシンプルなものが多いですが

手ぬぐいってすごい。
そこに「個性」がありました。





そんな昭和30年から40年ころ(おそらく)の手ぬぐいたちを、一部、ご紹介します(´∀`)
当時、蓮見商店となんらかのお付き合いがあったであろう問屋さんやお店屋さんのものだと思います。
(電話番号等、一部修正してます)

---

b0197963_22462839.jpg


小林菓子屋さん。
板倉郵便局近くのお菓子屋さんです。
私はここで売ってる「落ち葉かりんとう」が大好きなんだなー!

ひょうたんに「慶忌用折詰調製」とあります。


---

b0197963_2248141.jpg


残念ながら今ではお店を閉めてしまいましたが、近所のお魚屋さん。
いきのいい鯛、波。

ここのお刺身はほんとうに美味しかった。


---

b0197963_22495538.jpg


砂糖、茶、水飴。
巴屋さん。どちらのお店なんだろうか。


---

b0197963_22512356.jpg
b0197963_22514053.jpg


自転車屋さんですね。
「か る く て 丈 夫 な」 自転車を販売していたんですね。
なんだかカッコいいデザインだなぁ


---

b0197963_22531480.jpg


葛生の…灰瓦業?
「石」という漢字が並ぶ。

---

b0197963_2255911.jpg


なんか可愛いブタさん。
ソースにしょうゆ。調味料やさん?


---
これなんか好きだなぁ
b0197963_2256245.jpg
b0197963_22563424.jpg


荻野畜産さん?
ブタが大胆に描かれてますけど、このリアルな表情がたまりません。
今だったら…もっともっと可愛らしく描いちゃうんじゃないかなぁと思います。


---

b0197963_22583515.jpg
b0197963_22585489.jpg
b0197963_2259372.jpg


その年のカレンダーがプリントされたのもありました。
「エサ は ヒノマル」

家畜の飼料を扱っていたのでしょうね。

---

b0197963_2303638.jpg


青果やさん、だとわかると オレンジモチーフに見えてきます。


---


さて、このへんで真打登場。

板倉町が誇る

b0197963_2321247.jpg


原田製麺さん(人´∀`)


二種類ありました。

b0197963_2332884.jpg

二色使いがモダンですよ。

もう一種は
b0197963_2353014.jpg

b0197963_2355120.jpg
b0197963_23614100.jpg


浅間うどん??
きぬこがねじゃないのね?(笑)
原田製麺のKちゃーん! これ見たことあった??


---

そして、蓮見商店のはというと(ちゃんとありました!)

b0197963_2381539.jpg

b0197963_239496.jpg


蓮見喜作ってのはオットのおじいちゃんの名前。
これ、大事にとっておこうと思います。


---

他にも

b0197963_2310302.jpg


これはもう見つけた瞬間、この方に差し上げよう、と思った(笑)
保存状態が悪かったため シミだらけですが… (´・ω・`)

---


こんなのも、ありました。

b0197963_23125465.jpg


東京電力。
洗濯機? が描かれてますが


b0197963_23142113.jpg


「電気器具はコンセントから使いましょう」と書いてある。


他にどこから使えるんだ?
このメッセージにものすごく時代を感じました(笑)





----



まだまだたくさんありますが、とりあえずこの辺で。

一枚一枚ひろげて見ていて、活気のある商店街が浮かんでくるような、そんなイメージがひろがりました。

とても古いものだけど、なんだかすごく新しいような。
「懐かしい」って思う方もたくさんいることでしょう。


しみだらけで、しわだらけで、状態はわるいですが、
大切に取っておこうと思います。





蓮見商店の倉庫…
面白い!(怖いけど)





---
by naoroll | 2012-07-24 09:00 | 蓮見商店 | Comments(2)

蓮見商店なう その7

今回はちょっと真面目に。


いや、いつも真面目ですが(キッパリ


プロパンガスをお使いのご家庭には、ガスメーターが設置されています。

これは、ガスの使用量を計量するだけでなく、内蔵しているコンピューターで24時間ガスの使用状態を見守る安心機能がついています。「マイコンメーター」ともいいます。

b0197963_21584318.jpg


このガスメーターは10年に一度の交換が義務付けられているのですが、この取り換え時期にあたるお客様のお宅で、オットがせっせと交換作業を行っておりまする。
ご迷惑をおかけしております。<(_ _)>


b0197963_21424994.jpg

段ボールでドカン!と届くマイコンメーターに ラベルを貼ったりするのは私の仕事。
たまに曲がる (オイ



b0197963_2265344.jpg

みなさん、ガスメーターって気にしたことありますか?

私は正直、ガス屋に嫁に来るまで存在知りませんでした。
ガスって、使った分だけメーターが動いて、それを月に一度検針して料金を割り出しています。

この検針作業を行っているのがオットなわけですから、そりゃぁあちらこちらで


「旦那さん見かけたよ!」と言われるわけです。


見かけたら声をかけるか、手をふってやってくださいー!


するとね…



すんごい喜びます!(ただそれだけ!





話を戻して





さて、みなさんはこのガスメーターがご自宅のどこにあるか知ってますか?


さぁ、見てきて!(笑)




まぁ、電気で言うブレーカーのような役割ですが、このガスメーターは「ガスを自動的にストップさせる機能」が備わっています。
頭のイイやつです。


・一定時間に極めて多くのガスが使用された場合
・急に多くのガスが使用された場合
・長時間、一定量のガスが使用され続けた場合
・震度5強相当以上の地震が発生した場合
・メーターに振動やショックが加わったとき
・流れるガスの圧力が低下した場合
・警報器・不完全燃焼警報器が作動した場合(連動している場合のみ)

/東京ガス ホームページより
b0197963_22242812.jpg

メーターの表示を見れば原因がわかるようになってます。なるほどー!



最近多いのが、ガス使用中に地震が起きて、コンロの火が付かなくなった!とか
お湯が出ない!というもの。

震度4くらいの地震でもこうなることがあります。
これは、マイコンメーターがお仕事した結果です。



その際のガス復帰方法はね



b0197963_22154723.jpg

このボタンを押すこと!


まず、念のためガス栓を閉めてください。
それから、この復帰ボタンをしっかり奥まで押し込み、ゆっくり手を放します。
ガスを使わないで3分待ってください。


それでも使えない時は、どうぞお気軽にガス屋さんにお電話をお願いいたします(*´-`*)


b0197963_22261014.jpg







ハァハァ

ここまで書くのに時間かかった




蓮見商店、ガス部門でした(`Д´)ゞ
by naoroll | 2012-07-13 10:41 | 蓮見商店 | Comments(2)

蓮見商店なう その6

私が大好きな大好きな 白雪ふきん。

b0197963_12375167.jpg


奈良県の、垣谷繊維さんで製造されています。
もともと蚊帳を製造していたらしく、その余り生地を重ねて縫製し、ふきんを作ったのが始まりだとか。


特に気に入っているのは「白雪友禅ふきん」という種類のもので、可愛らしい色とりどりの柄と、その使い勝手の良さに、すっかり虜になっています。

うちには子供がふたりいることもあって、食卓はいつも汚れます。
ご飯のとき、おやつのとき、宿題するとき遊ぶとき、何度もテーブルに登場するふきんは、すぐボロボロの雑巾のようになってしまう。

なんかいつも汚らしい…(lll-ω-)


けれど、この白雪ふきんに出会ってからは一変!

しっかり縫製されているため、とても長持ちします。
塩素系漂白剤につけおきしても、可愛い柄は色落ちしません。

使うほどに手になじみ、お気に入りの柄は食卓にあるだけでなんだかパッと明るくなる感じ。


b0197963_1248539.jpg

こちらはまだおろしたばかり。
この柄は私のお気に入り、「白雪姫」です。
リンゴと小人がモチーフになってます。

b0197963_12494893.jpg

これは3か月近く使っているもの。
ちょっと周りがほつれてきましたが、まだまだイケます!
私の場合、工房でも消毒した布巾を使うので、これだけ使ってまだまだこの状態でいてくれるなんて、ほんとに優れものだと思う。


やー 別に、垣谷繊維さんの回し者じゃぁないんですけどね(´∀`;)

好きすぎて好きすぎて、「大好きなんです」というラブコールをしてしまい、たくさん入荷させていただくことができました!


b0197963_12523727.jpg


焼き菓子とともに、工房に並べよう!と考えていましたが、ロールケーキの予約販売終了した……(゜Д゜)


と、いうわけで

b0197963_12542041.jpg


蓮見商店にさきほど誕生した

「嫁スペース」!!!  キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


たくさんの商品の中に、堂々と紛れ込ませていただいた!(ありがとうおかあさん)




b0197963_1255556.jpg



存在感、ウッスー!!  (´Д`)

ウォーリーを捜せ!みたいになってるけど、蓮見商店にて大絶賛発売中。

白雪友禅ふきん  390-




---




b0197963_1257223.jpg


b0197963_12575460.jpg
b0197963_1258566.jpg
b0197963_1258159.jpg
b0197963_12582610.jpg
b0197963_12583684.jpg
b0197963_12584829.jpg
b0197963_12585998.jpg
b0197963_12591042.jpg

b0197963_1383391.jpg

b0197963_1259192.jpg


迷える幸せ、増量中!
by naoroll | 2012-06-22 13:02 | 蓮見商店 | Comments(6)

蓮見商店なう その5


私は根っからの運動音痴ですので、小学生の頃、「昼休みに外でドッジボールをする」なんてのはなるべく避けていました。


ともすると休み時間にはたいてい、絵を描いて遊んでいるか、図書室で本を読んでいるか。

そういう子、クラスに2~3人くらいいましたよね? それが私です。



その3人くらいの中に、私なんて足元にも及ばないくらいの読書家の女の子がいて、図書室に行くといつも、誰も手に取らないような分厚い重量感のある本を黙々と読んでいました。
図書室の端っこの方に、かなりの場所を占領して並べられた「世界の民話集」みたいなシリーズ本。

「なにか面白いお話あったら教えて」という私に、彼女が勧めたのは
イギリスの民話集。

分厚い本を開くと、想像以上に細かい字がぎっしり。
うへぇーと辟易しましたが、ひとつひとつのお話は短くて、とても読みやすかった。



どんなお話が載っていたのか、今ではほとんど忘れてしまいましたが、ひとつだけ、忘れられないお話があります。
小学校5年生だった私の心に、色んな意味で衝撃的だった、イギリスの昔話です。




以下、おぼろげですが―






---






「カメの遠足」





むかしむかし、カメの一家が住んでいました。
おとうさんガメ、おかあさんガメ、子ガメの坊やの3匹は、近くの丘までピクニックに行くことにします。


丘の上で、みんなでお弁当を食べましょう。
おかあさんガメがバスケットにお弁当をつめて、さぁ出発。
丘はすぐそこです。




すぐそこなのですが、ノロマなカメの歩みです。

一年歩いても、まだまだ家から出たばかり。

一年半で、ようやく半分くらい進んだでしょうか。

二年たち、二年半たち、ようやく丘の上に三匹が到着したのは、出発から三年後のことでした。




がんばって歩きました。お腹はもうペコペコです。
さぁ、お弁当を食べましょうと、バスケットを開けました。
おかあさんガメが用意してきたのは、サンドイッチと…ツナやスープ、フルーツなどの缶詰です。



それらを取り出して草の上に並べたとき、おかあさんは重大な失敗に気付きます。
なんと、おかあさんガメは缶切りを家に忘れてきてしまったのです。

ええっ!
缶切りがなくては、缶詰が開けられません。



しばらく考えて、おとうさんガメが言いました。
坊や、お前が家に一度帰って、缶切りを持ってきておくれ。

お前がここへ戻ってくるまで、私たちは絶対に何も食べないから。
ずっとずっと、待っているから。



坊やは仕方なく、ノロノロと出発し、やぶの中へ見えなくなりました。
おとうさんガメとおかあさんガメは、じっと子供の帰りを待ちました。



待ち続け…一年が経ちました。
坊やはまだ戻りません。


二匹のカメは、お腹が空いてフラフラです。
けれど坊やの帰りをじっと待ち続けます。



二年が経ちました。



サンドイッチを、少しだけ食べてしまおうか―
どちらかが提案すると、どちらかがたしなめます。



坊やと約束したんですから、待ちましょう。




待って待って待ち続け、三、四年…ついに六年が経ちました。
二匹のカメは、いよいよ飢え死にしてしまいそうです。


どうだろう。あの子もそろそろ帰ってくる頃だ。
サンドイッチを少しだけ食べ始めよう。

そうですね、このままでは死んでしまいます。
少しだけ… と包みを開けて、サンドイッチを取り出し



二匹のカメがそれを口に入れようとしたその瞬間、




近くのやぶの中から、子ガメが出てきて叫んだのです。




「やっぱり! ふたりとも約束を破るんだね!

絶対に食べないって言ったじゃないか!



ぼくは、ここにずっと隠れて、見張っていたんだからね!」










-------


このお話は、ざっくりとジャンル分けすると「笑い話」というカテゴリーに属しているようですが、
小学生だった私には、ちっとも笑えなかった。


カメたちの食に対する執念が、お話の中にぎゅうぎゅうに詰まっているような印象を受けました。



結局子ガメとの約束を守らない親ガメも、

きっと親ガメが自分を裏切るに違いないと予想して家に戻らず隠れていた子ガメも、

なんだか憎たらしく感じました。


何年もかけてピクニックに行こうとする発想とか
腐敗しないサンドイッチとか
お弁当に缶詰、とか


短いお話の中に、そんな理解できない不可思議な要素も散りばめられていて、

あの図書室の雰囲気や、深緑色の本の表紙、ちょっと怖いテイストの挿絵、本好きの友人。

断片的ですが、今やお母さんガメくらいの歳になった私の記憶に、まだ残っています。







---



私は、飢え死に寸前でも子供との約束を守れるだろうか?





遠足に缶詰を持っていくときは、絶対に缶切りを忘れないようにしよう。





そんな時


蓮見商店に行けば



b0197963_23583953.jpg
b0197963_23584490.jpg

実用三徳缶切り 210-

b0197963_2359585.jpg

貝型缶切り 250-


二種類の缶切りが、何年も何年も絶賛発売中。







この平成の昨今、ツナだったりみかんだったり大抵の缶詰は、缶切りを使わないでも開けられるイージーオープン缶(プルトップ付)が採用されています。
あんまり缶切り使わないよねー。
子どもも使い方知らない子が多いんじゃないかな?

でもね、たまーに 今でもありますよ、缶切りが必要な缶詰が!

キッチンの引き出し確認してみてね。
缶切りあるかな?






蓮見商店で、お待ちしております。




子どもに買いに来させても、いいですよ。





帰りをちゃんと、待っててね。






---
by naoroll | 2012-06-13 11:10 | 蓮見商店 | Comments(5)

蓮見商店なう その4


さて、蓮見商店においてある裁縫道具ということですが…

ダルマミシン糸の隣には、こんな糸がおいてありました。
b0197963_21351284.jpg


なんかもう、雰囲気ありまくりの糸たち。
いつからここにいるの?
映画の小道具のような…


糸切りハサミもおいてあります。

b0197963_2141828.jpg

b0197963_21413131.jpg


約10センチくらいのハサミですが、これが1530円。
100円でなんでも売ってるこの時代に、高!って思うでしょ?
でもね、職人さんが一本一本手をかけて仕上げるハサミです。

一生使うんだもの。是非いいものを。
と、裁縫のできない私がおススメしてみる。


b0197963_21454918.jpg


こちらは15センチ。
絹って書いてあるから糸切りじゃなくて布用なのかなぁ?
(問いかけてどうする)
1250円。


b0197963_2149617.jpg

b0197963_21492494.jpg

布用の裁ちばさみ。
鋏正宗、という刃物界のブランドです。
「最高級安来鋼青鋼付鋏ですので、切れ味・耐久性ともに長く保つことができます」とのこと。
(書いてて前半が読めない)


蓮見商店は「荒物店」ですので、刃物などはこだわりのある良いものがなにげに揃っています。
(なにげにって言うな)

例えば




b0197963_21544822.jpg

包丁。
b0197963_21551226.jpg

b0197963_21553450.jpg

「蓮見特選」の彫り入り。4300円~
ステンレス製、鉄製とありますが、どちらも切れ味は抜群。
錆びないように水気をこまめにとって使う必要がありますが、長く、長く使えるものです。

その場限りの、使い捨てならば百均で良いと思う。
私もたびたび利用します。

でも、毎日使うものは、良いものを。
長く使って手になじみ、愛着がわいてくる。
そういうの、いいもんですよ(*´∀`*)



b0197963_2159554.jpg

包丁のところにこんなのもあった。
b0197963_2201693.jpg

なんかレトロなデザイン!
こういう昭和な雰囲気のがどんどん出てくるのが面白いんだよねー!




なんてバシャバシャと色んなものを激写していたら、なんか視線を感じて…






振り向くと……







b0197963_227456.jpg


な、なに…(((( ;゚д゚)))


デジカメで写真を撮ろうとしたら、物凄いはっきりと顔認識(笑)
令女って、なに…?(と思ってグーグル先生に頼るとどうしようもない検索結果が)


埃をかぶって薄汚れていますが、よく見ると

b0197963_2212399.jpg



ヘヤ―ネット、っていうシロモノ。
当時と変わらぬ50円…    値札の色に歴史を感じますが


b0197963_22154334.jpg


「見えないネット 二枚入」

なるほどね。
髪の毛そっくりにできたネットですから、これを装着すれば、モッサモサになってしまった髪をうまいことボリュームダウンできるというわけだ。
しかも、見えにくいため、ネットをかぶってることなんて誰にも気づかれない。



ほほぅ…
湿気が多い日、髪がボサボサ気味になってうまくまとまらない!と悩んでるあなた、これいいんじゃないの?
これからの梅雨時にピッタリ!

しかし、よく見れば見るほど
b0197963_22195921.jpg

こういうのってよく洗面台の排水口(それ以上言うな)






なんかいいもん見つけたけど、これは蓮見商店ではあまり売れないかもね。
美容院やってる友人がいるから、置いてもらうとするかー!






(友達を無くす恐れ)
by naoroll | 2012-06-08 22:24 | 蓮見商店 | Comments(0)

蓮見商店なう その3

先日、ハイトリリボンを紹介したところ、にじいろみしんさんから


「ハイトリリボンのカモ井って、mtのマスキングテープ出してる会社だよね」とメールがきた。



ハッ!!(」゚ロ゚)」




ほほ、ほんとだぁー!(゚Д゚;)
言われて気づいた!私も大好きで愛用しているmtのマスキングテープにはいつも「カモ井」と書いてあったんだ!
そこらへんに気づくにじいろみしんakiさん、さすがっす!



カモ井のホームページで確認してみたら…



「大正12年、ハイトリ紙からスタート」




「粘着技術で人・暮らし・未来を拓く--」


と出てくる。


ほほぅ!確かに確かに、マスキングテープもハイトリリボンも、「粘着技術」の賜物だわ。
そしてこの昨今のマスキングテープの大ヒット、見事です、カモ井加工紙株式会社…!
くっそー投資しとけば良かった(したことないけど)



そんな風に感慨深く、ハイトリリボンを蓮見商店で眺めていたら



b0197963_12411897.jpg




ん?




b0197963_12413751.jpg


なにこの ハエナックスとハイトリリボンに挟まれた箱は


震える手で取ってみる (動揺しすぎ)


b0197963_12435158.jpg

カモ井のハイトリ紙 120円


こんなのあったんだー!(゜Д゜)

開けてみると、一枚ずつのバラ売りのようです

b0197963_12494181.jpg


ただのぺらーんとした粘着紙。これを置いておけばハエがつかまるというわけね
b0197963_12502465.jpg

「今日の一匹、明日の千匹」と書いてある。

今日のたった一匹が、明日にはなんと千匹に…(((((((( ;゚Д゚)))))))
おお恐ろしきハエの世界。

ねずみ算式なんてレベルじゃないぞ、ハエ算式は…アワワ (。Д°;三;゜Д°)
b0197963_12504124.jpg


イラストもなんだか憎たらしいというか

b0197963_12541182.jpg


ついでにねずみも捕れちゃう優れもの…!
「はつかねずみ等よくとれます」だって!
マジすか―!!


なんつうか子供も捕れそうなカモ井ハイトリ紙 (何故ハイなんだろう)
もしくはハイトリリボン。


お宅のマスキングテープのコレクションに、そっと忍ばせてみませんか?
蓮見商店で絶賛発売中



(念のため言っておきますが絶賛しているのはこの私です)










-----



そうだ、にじいろみしんさんと言えば、先日ダルマミシン糸のボタンケースを紹介してらして、トレードマークのダルマの顔がちょい悪どころか極悪おやじ風だったのに気付いて度肝を抜かれたのですが

b0197963_1363547.jpg


蓮見商店にもダルマミシン糸がおいてありました♪

b0197963_1373514.jpg

やっぱり、コッワー!(゚Д゚;)
奥様方の裁縫に使われるミシン糸のトレードマークが、どうしてこんな顔してるんだろう?謎です。





次回は蓮見商店においてある裁縫道具を紹介いたします。
やっとハエから離れますわオホホ
by naoroll | 2012-05-31 13:12 | 蓮見商店 | Comments(4)

蓮見商店なう その2

先日 「ハエナックス」を紹介したところ、早速反響がありました。



「欲しい!!」というメールが届いたのです。








イモウトから(・∀・)




おかしいな。グローバルに発信しているブログなのに、イモウトからしか…(゜Д。)!?



イモウトによると、玄関に小バエのような虫が発生するとのこと。
正確には、玄関に置いている、子どもの傘にぶんぶんと虫がつくらしい。
何度も消毒してみたが、あまり効き目がない。


そこでハエナックスを置いてみようか…という気になったということですが、
「ハエナックス以外にも何かあるの?」と問うてきた。




もちろんほかにもありますとも!




こんなのどうでしょう。



b0197963_12101098.jpg

カモ井のリボンハイトリ  五本入り 330円


「安全無害、面白い程よくとれる」
なるほどなるほど、ハエがたくさん取れすぎて、面白くなっちゃうわけね!
アハハハ!(もう面白い)



裏面に使い方が
b0197963_12294697.jpg


紐をひっぱってリボンを伸ばし、高い位置からつりさげるだけ。
するとリボンに配合された誘引剤に誘われてハエがあつまるのですが、リボン部分はべっとべとのため、ハエがくっついて…


素敵なモビールのできあがり!(違う)


うーん、なんか懐かしい。
最近は全くみかけなくなったこのハエトリリボン。
小さいころおばあちゃんちで見た覚えがあります…(つд`) 泣いてるし


えーこんなの知らなーい、みたことないしぃ
っていうアナタは、この平成の昨今のハイテクノロジーそしてデジタル社会にすっかり染まってる証拠だよ!
ヽ(`Д´)ノ 怒ってるし




ただ、この「リボンハイトリ」、ちゃんと高い位置から計算して吊り下げておかないと、ちょっと背の高いお宅の旦那さんまで捕獲されちゃう恐れあり。

だからハエじゃなくて「ハイ(high)トリ」なのかしら?



……。



なんか、イモウトのうちの小6の甥っ子が、髪の毛をリボンにくっつけちゃう絵が簡単に想像できるな。





それとも…


ハエをやっつける
という壮大なテーマの根本からひっくり返して、ハエとの共存をはかる、という考え方はどうだろうか。




いっそのこと、ともに暮らすのである。


そこでこれですよ。



b0197963_12462648.jpg

みよしおおい  フードカバー 
b0197963_12473325.jpg

Мサイズ


テーブルの上、ごはんをちょっと置いておくときは、このフードカバーが便利!
b0197963_1250490.jpg

ハエがたからないでしょ


「食卓におしゃれなアクセント」と書いてある。
確かに、キッチンにこれがあったら、もの凄いインパクト
一気に昭和モード間違いなし!
なつかしいなー  昔、実家にもあったよなぁ。



どうしてこれ、消えつつあるんだろう

「おかって」と呼ばれていた台所が無くなってしまった感じ

なんだかノスタルジックだわー。



えーと 他にも蓮見商店には「ハエ叩き」 「キンチョール」等ハエと向き合えるグッズが取り揃えてあります。



さーて  イモウトさん、いかがなさいましょう。












ていうか




イモウトよ…











その傘、捨てろ。
by naoroll | 2012-05-28 13:00 | 蓮見商店 | Comments(4)