ブログトップ | ログイン

one day roll

naoroll.exblog.jp

なつかしCafe 朱莉屋 まとめ

心配すること、

安心できる、ということ。

b0197963_22250952.jpg


息子が幼稚園に入園したばかりのころ、私はなにもかもが心配だった。
おともだちと遊べてるか。
給食ちゃんと食べてるのかな。
言いたいことを言えてるのか。
おうちに帰りたいと、思ってないか。
ただただ、悶々と。(暗)
b0197963_22270984.jpg


今思い返してみても、なんだったんだろうあの頃、、と自分でもあきれるほどに、
そりゃぁもう可愛い息子の環境の変化を気に病んでいた。
いや違うな。
息子が自分から離れた、という私自身の状況をもてあましてしまってた。

b0197963_22273971.jpg


育児サークルで仲の良かった息子のおともだち達は、
幼稚園から泥だらけで帰ると聞いた。
園庭の砂場で水遊びをしたり、泥団子をつくったりして
朝持たせた着替えを全部使ったあげく、さらに泥だらけで帰ってくるらしい。

それを聞いて愕然とした!

b0197963_22280019.jpg

うちの息子は、朝見送ったままの体操服で、毎日そのまま帰ってきていたから。
着替えてくるなんてことはなく、ほとんど汚れず朝のままの姿でただいまを言う。

b0197963_22285105.jpg

10年経った今ならば、
洗濯物が少なくラッキーだわ、と思えるんだろうけれど(心底)

10年前の私はただただ心配だった。
幼稚園で、ちゃんと遊べているのかしら。
男の子なのに、泥んこで遊ばないのかな。

b0197963_22291262.jpg

洗濯が大変だよ、と笑う他のママたちが、正直うらやましくて仕方ない。
元気そうでいいなぁって。
うちの息子、、、なにしてるんだろう、、、。

b0197963_22293449.jpg

b0197963_22294757.jpg
b0197963_22300505.jpg


他の幼稚園に入園したおともだちのママに、久しぶりに会った。

ショーゴ、幼稚園どおなん?とほぼほぼ挨拶のように近況を尋ねられ
その時なんとなく、
自分の中に隠していたその不安な気持ちを、初めて口にした。


ほかのおともだちは泥んこ姿で帰ってくるのに
うちの子 きれいなままで帰ってくるから、ちゃんと遊べているのか、それが心配なんだ。

b0197963_22302313.jpg

初めて自分の口から出た、今いちばんの悩み。
自分の口から出て、自分の耳で聞いてみて、
なんか小さい悩みじゃない?コレ!と我に返っていると

その友人はしばらく間をおいて、

笑い飛ばすでもなく
重くとらえるでもなく


b0197963_22304924.jpg

「きっとショーゴは、洋服脱いでハダカになって遊んでんじゃねぇの」
と、言った。

「だから汚してないんだよ」


b0197963_22313370.jpg

あはは、そんなわけないっしょ!
と私は笑って、その時はすぎたけど

あとになって

息子が乗って帰ってくる通園バスを待ちながら
その言葉をふと思い出したら、
彼女の言った意味が分かった気がした。


息子はむすこなりに、新しい場所で精いっぱい時間をすごしてるに違いない。
それは服の汚れ具合で計れるものではなく

他の誰かと比べることでもなかった。

そこは私の知らない場所だけど
そこでエネルギーを使い果たしていることは、私が一番よく知っている。


そのままの息子を見てあげなくちゃ。
まるで裸のごとく。 笑

私はただ、そのままの息子に、おかえりを言ってあげればいいだけなのだ。

b0197963_22323101.jpg


誰かのなにげない一言が、妙に刺さることってあるでしょ。
あの時の友人との会話
私にはとても深く深く、いまだに忘れられないどころか、ますます印象を増している。
他のどんな言葉より、あの時の私に必要だったと思うから。

たくさんの選択肢のなかから、
そりゃぁもうナチュラルに、
あんな台詞を投げてきた彼女がやっぱり好きだなぁ!



あまり頻繁に会うわけでもないけれど
私は彼女のことが大好きで、勝手に尊敬したり憧れたりしている。

もし彼女がなにか助けを必要とすることがあるのなら
私がいるよ、と言いたい。



でも今 それが言えないのならば、
そういう存在があることに気づいてほしいし、わかっていてほしい。


いくつになってもいろんなことが心配で
不安がなくなることはないんだね。

けれど 心配する相手がいるのって、
笑いあえる相手がいるのと同じくらい実は幸せなことなんだ。



b0197963_22324854.jpg

絶対に彼女が気に入ると思い込んで、
私の好きな場所へ連れて行った。

美味しいごはんを食べて
たくさん笑った帰り道、

「連れてきたいって思ってくれた意味がわかった」

と言ってくれた。

忘れられない言葉が、もうひとつ増えたよ。




----

b0197963_22361615.jpg
17日まで夏休みらしいッス。
なつかしCafe 朱莉屋 





by naoroll | 2017-08-11 00:01 | 埼玉 | Comments(0)
<< どんさん亭 (館林) 2回。 かぼちゃのプリンとかぼちゃのスープ >>